スタッフブログ

懐石工房「柳生」のスタッフによるブログです。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 6月4日














 今季もホワイトタイガース(柳生内部7割関連業者さん3割)は

 元気に活動中!!



 そして、先日同業者の料理屋さんチームと試合をしました。

 結果は我々の勝利でしたが、今回の遠征はBチームだったようです。







 結果はさておき、

 楽しむ事をモットーに活動しております。


 ご興味のある方は、ご遠慮なく参加してください。

 お待ちしております。
















Posted by 堀尾  2015/06/04 15:33
 6月1日

















 衣替え。。です。




 先日の地震のマグニチュード8.5改め8.1ですが、

 どちらにしても、3.11に次ぐ大きさだったようですね。

 横揺れで長く感じました。

 最近、3.11の余震のせいで

 昔のように慌てたり、騒いだりしなくなってしまっていましたが

 改めて、それではいけない!と、気づかされました。。


 自分の身も、家族の身も守らなければいけないのです。








 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


 
 先日、柳生の前にグーグル車が停まっていたので、





 









 






Posted by 堀尾  2015/06/01 17:52
 5月14日








 ご無沙汰をしております。

 5月に台風ですよ!!

 毎年、異常気象でなにかしら…。。。。



 ただ、台風が早くからくる年は「冷夏」になる傾向があるようです。

 涼しい夏はありがたいのですが、

 穀物や産業に影響がでます。


 夏は夏らしくあってもらいたいと思う今日この頃です。





*******************************************


春日局(かすがつぼね)の墓です。
















  春日局(天正7年?寛永20年・1579?1643)は、3代将軍徳川家光の乳母で名はお福。

 稲葉正成との間に3児をもうけるが、離婚し江戸城大奥に入る。

 慶長9年(1604)家光が生まれるとその乳母となり、生涯家光に仕えた。

 そして、それが契機となり大奥の制度が確立された。






Posted by 堀尾  2015/05/14 13:09
 4月16日

















 なんだか、冴えない空模様の今日この頃。。


 日中暑いくらいの日差し。

 のち


 どんより雲がきて、

 冷たい風が吹いてきて。。。。。


 空を見ると、雷がビカビカゴロゴロ!””””



 



 雷を撮りたかったのですが、

 待っていると光らないものですね。。






***********************



 そして、柳生の敷地内の雑草をむしったら、

 見たことのないゲジゲジが登場。。



 



 きもいです。。


 











 以上
Posted by 堀尾  2015/04/16 16:51
 3月26日









 東京の桜も開花宣言されました。

 今年は、入学式まで持ちそうにありませんね。。。残念





 野球部の近況報告ですが、

 今年、すでに1試合消化しましたが、

 良いところなしで、早くも1敗目を喫しました。。。



 練習あるのみ!!


 と、



 思ったのは、ごく数人のみ。


 昨日の練習も










 集まらないねぇ。。。。


 練習して勝ちたいと思う今日この頃でした。










 
Posted by 堀尾  2015/03/26 13:27
 3月22日












 




 柳生にも花粉症の人はたくさんいます。


 が、


 この、百先輩が一番重症のような気がします。



 そこで、












 花粉症対策にオススメのお茶






 甜 茶

 花粉症対策としては最もポピュラーなお茶ですね。甜茶は抗アレルギー効果が高いお茶として

 耳鼻咽喉科臨床学会でも報告されています。ヒスタミンの分泌を抑える甜茶ポリフェノールという成分が

 甜茶に含まれていて、花粉症や様々なアレルギーに効果を発揮します。


 ただし、甜茶で花粉症対策をする際には、ぜひ気をつけていただきたいことがあります。

 甜茶は元々の種類が数種ありますので、選ぶ際には『バラ科』の甜茶を選ぶようにしてください。

 花粉症の症状緩和が期待できる甜茶ポリフェノールが含まれているのは、バラ科の甜茶だけです。

 よく調べてから購入するようにしたいですね。



 べにふうき茶

 べにふうき緑茶は、アッサム雑種の紅茶「べにほまれ」とダージリン系「枕cd86」によって作られたお茶です。

 抗酸化作用がある他、肥満細胞がIgEに結合するのを抑え、ヒスタミンの放出を抑える働きもあるため、

 花粉症の症状を和らげる効果があるとされています。

 メチル化カテキンはこのべにふうきなど一部の品種の緑茶、茶葉にだけ含まれているのですが、

 べにふうきに含まれているメチル化カテキンの量は、凍頂烏龍茶に含まれている量の4倍以上にもなります。

 このメチル化カテキンの含有率の高さから、実験ではべにふうきを飲んだ約半数もの花粉症患者の症状が

 改善されたという報告があります。


 注意点ですが、花粉症対策として効果が期待できるのは、「“緑茶の”べにふうき」です。

 紅茶としてのべにふうきは、発酵段階で上述の「メチル化カテキン」が失われていますので、

 間違えないよう気をつけてくださいね。




 ルイボスティー

 「ルイボス」は南アフリカのごく一部の山野にしか自生しない針葉樹。「ルイボス」の細かな葉を発酵後、

 乾燥させたものが健康茶となり、南アフリカの先住民からは「不老長寿のお茶」と呼ばれています。

  ルイボスティーには免疫力を高める効果があります。また、花粉アレルギー「ヒスタミン」に有効なフラボノイドを

 豊富に含みます。しかもルイボスティーに含まれるSODは、この活性酸素を除去することで有名です。

 しかも、ルイボスティーに含まれるSODの量は、緑茶の50倍・ウーロン茶の30倍だそう。

 カフェインも含みませんので、アトピーにお悩みの方が常飲するのに向いています。




 シジュウム茶

 シジュウムは南米原産のフトモモ科シジュウム属の果樹で、古くから南米の

 インディオたちに“聖なる木”と、長い間切り傷や皮膚病などの民間薬として親しまれてきた植物です。

 シジュウムの葉から抽出したエキスに、アレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミンの抑制作用が認められ、

 気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症に効果があることが分かってきました。

 シジュウムを摂取するとIgE抗体が作られにくくなり、アレルギー症状を抑える効果が期待できるのです。

 またシジュウムに含まれるタンニン類は、くしゃみや目の痒みなどの症状を引き起こす炎症物質、

 ヒスタミンの放出を抑え、その効力は同様の抑制作用を持つアロエエキスの約100倍にもなり、

 アレルギー症状に対しては即効性が認められています。





 ハトムギ茶

 かつて“生命と健康の草”と呼ばれ、薬用効果をもった栄養価の高い食品として、

 いまでも根強い人気のあるハトムギ。ハトムギは抗酸化成分が豊富で、アレルギーによる炎症を抑え、

 アレルギー症状を軽減するといわれています。さらにハトムギのタンパク質は良質なアミノ酸でできているため、

 新陳代謝を活発化させ、肌荒れなどのトラブルを緩和する効果も期待できます。

 くせがなく幅広く親しまれているハトムギ茶ですが、まれに体質に合わない人もいるため、

 妊婦の方などは注意が必要です。






 このように書かれていました。

 ご参考までに是非どうぞ!!









 
Posted by 堀尾  2015/03/22 18:04
 3月15日











 いよいよ始まります。


 ホワイトタイガース(草野球チーム)2015

 今年は、新たに業界関係の方を迎え、例年になく勝率が上がる??かな。





 まず、ナイター解禁の3月初めの友引前に練習を行いました。








 この日、集まったのはなんと、、


 7人!!



 練習と聞くと来ない人多数の中、集まった方です。


 

 今年は、野球やってみようかな?と、お思いの方のご参加お待ちしてます。













 
Posted by 堀尾  2015/03/15 16:03
 3月10日
















 

 

 

 










 平山でした。










Posted by 堀尾  2015/03/10 09:42
 2月16日


















 昨日の強風(北風)は凄まじかったですね。

 芯まで冷えました。

 運転する車も風に押されてしまう程でした。



 今日は、打って変わって 小春日和!!!!!!

 風もなくぽかぽかです。

 が、

 気を抜いてもいられず、明日には「寒波」が再び?三度?襲来とのとこ。


 





 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




 先日、



 


 あの、超有名なDOVIBA(ゴディバ)のチョコレートを頂戴しました。

 なかなか、濃いチョコレートでしたね。


 ありがとうございました。

 ご馳走様でした。






Posted by 堀尾  2015/02/16 13:00
 2月14日


















 今日はバレンタインデーですが…。。









 今日は風が強くて、すごく寒く感じる一日でした。

 風邪をひいてる方も多く見受けられます。

 温かくして過ごしましょう!!





 

 
 スカイツリーです。

 







 *************************************


 高血圧とヒートショック


 暖かい部屋から温度の低い場所に行く時に、温度差によって血圧が

 変動することをヒートショックと言うらしいです。

 温度差が6度から10度以上あるとヒートショックを起こしやすくなります。

 そのため、心筋梗塞や脳卒中などで倒れてしまうことがあるそうです。


 通常でも冬は寒さで血管が収縮するため、夏場に比べて5ミリHGほど

 血圧が高くなる傾向があり、心筋梗塞や脳卒中による死亡者数は1月が

 最も多く、特に脱衣所の寒さとお風呂の暑さの温度差による入浴中の

 突然死は、2月から3月の寒い時期に多くなるそうです。


 高血圧は自覚症状がないことが多く、自分では気づきにくいものです。

 人間の生理的反応の一つとして、日中活動するために、夜間低くなっている

 血圧は朝方目覚める頃に急速に高まるように調節されています。

 目が覚めてすぐに布団から出た時などに急な寒さを感じると、血圧が急上昇します。

 日頃から血圧測定をし、普段の血圧を知っておくとともに、冬場は時間に余裕を持って

 ゆっくりと起き上がる。布団から出る前に部屋を温めておくなどの気配りが必要です。


 ヒートショック予防のためには、トイレや脱衣所を温かくしておく。

 湯船に入る前に手足からかけ湯をし徐々に身体を温めていく。

 入浴直前の飲酒や降圧剤の内服は避けて、入浴前後にコップ1杯の水を飲むこと。

 また、普段から塩分控えめの三度の食事の中で野菜をしっかり採る。

 ウォーキングなどの運動をする。

 睡眠を十分とり疲れを残さない。

 禁煙など。

 高血圧予防の生活を習慣化しましょう。






















 
Posted by 堀尾  2015/02/14 17:10
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»